We detected that your browser doesn't accept cookies.

Please enable Cookies to use our services.

 

事前旅客情報(APIS) とESTA

10/07/2019


 

アメリカとカナダへの渡航前の要件

旅行者に対するセキュリティの強化と事前審査のチェックはイギリス、アメリカまたはカナダへの渡航を予定している方全員に特定の情報を提供する必要があることを意味します。以下の情報は事前審査プロセスの一環としてどのような情報が必要とされるかについてのガイドラインです。

注意。必要な書類(米国はESTAの承認、カナダの場合はeTA)を取得したらチェックイン時に確認が必要になる可能性があるため文書を持参するようにしてください。

 

事前旅客情報(API/APIS)

すべての航空会社は法律により旅行前に乗客から事前旅客情報(API/APIS )を収集する必要があります。イギリスまたはカナダへのフライトの際、チェックイン前に旅行者からAPI情報が収集されます。

米国に渡航するお客様は、フライト出発時刻の72時間以内に事前旅客情報(APIS)を提供する必要があります。事前旅客情報の最も簡単な登録方法は携帯でのオンライン申請です。

出発の72時間以内にフライトを予約する場合あなたのフライト予約プロセスの一部としてこの情報を提供する必要があります。情報が不十分な場合には渡航許可が却下され飛行機に搭乗することは許可されません。

API / APISの一部として以下の情報を提供する必要があります。

  • 居住国
  • 生年月日
  • 性別
  • パスポート番号/発行国
  • パスポートの有効期限
  • 国籍

チェックイン時にパスポートの詳細を知らせてください。

APIに加えてビザを持っていない非居住者は、かなり早めに米国の電子渡航認証システム(ESTA)またはカナダのeTAをオンラインから申請しなければなりません。 ESTAを申請するには政府の公式Webサイトにアクセスし出発の72時間前までにオンライン申請を行ってください

カナダはビザの免除を受けた外国人が航空機でカナダに渡航する場合に、電子渡航認証(eTA)と呼ばれる新しい入国要件を導入しました。 ここからオンラインで申請できます

ビザまたは米国永住者カード(グリーンカード)をお持ちの場合はチェックインプロセスの一環として検査のためにそれらを提示する必要があります。 承認されたESTA/eTAはパスポートに電子的にリンクされています。ただし万が一の場合に備え印刷し、文書を持参するようにしてください。

 

米国渡航を行う乗客のための追加情報:

米国へ渡航する際には以下の追加情報も提供する必要があります

  • 米国内での1泊目の滞在先住所(米国市民または居住者を除く)
  • 救済番号(該当する場合)。これは以前米国への入国に問題があった旅行者に米国国土安全保障省(DHS)が発行する参照番号です。

注意:あなたの訪問の期間と目的によっては、ビザが必要になるかもしれません。下記のESTAとビザ免除プログラムに関する情報を参照してください。

 

プライバシーに関する声明

運輸保安庁(TSA)により発行された公式のプライバシーポリシーは以下のとおりです。

運輸保安庁(TSA)は、49U.S.C.項目114と2004年に制定された情報改革とテロ予防法、49 C.F.Rパート1540 と1560の権限のもと、監視リストのスクリーニングを目的としたあなたの氏名、生年月日および性別を提供するようにあなたに要求します。該当する場合には救済番号を提供することもできます。氏名、生年月日、性別を提供しなかった場合、搭乗禁止区域への立ち入りが拒否されたり、乗り継ぎが拒否されたりする可能性があります。 TSAは公開された記録通知システムのもとでユーザーが提供した情報を法執行機関や諜報機関などと共有することがあります。 TSAのプライバシーポリシーの詳細または通知システムとプライバシーへの影響評価の確認については、TSAのウェブサイトwww.tsa.govを参照してください。

 

ビザ免除プログラム(VWP)および電子渡航認証システム(ESTA)

ビザ免除プログラム(VWP)は特定のビザを申請せずにプログラム参加国の国民が米国へ渡航することを可能にするものです。2009年以来、ビザ免除プログラムに基づいて米国を訪問する資格があるすべての乗客は出発前十分に余裕を持ち電子渡航認証システム(ESTA)を申請する必要があります。米国市民およびビザを保有する旅行者はESTAを申請する必要はありません。

ESTAの申請はオンラインから行うことができ多くの場合数分以内に承認されています。しかしながら米国政府は出発の少なくとも72時間前に申請することをすすめています。申請には手数料がかかります。

ESTAとビザ免除プログラムの詳細については国土安全保障省の公式ウェブサイトをご覧ください

注意:ESTAまたはeTA承認を得たら印刷してパスポートと一緒に携帯する必要があります。チェックイン時に提示する必要があります。

 

VWPの要件:

米国ビザ免除プログラムは、以下を目的とした渡航にのみ適しています。

  • 出張、観光または乗り継ぎのみの目的で旅行する場合
  • 訪問は90日以内でなければなりません
  • 旅行者は、確認済みの往復航空券または次の航空券を保持する必要があります。
  • 乗客は出発の少なくとも72時間前までに申請された承認済みのESTAを持っていなければなりません

 

片道旅行

米国への片道のフライトを予約する乗客はチェックイン時に以下を提供する必要があります。

  • 米国に到着してから90日以内の代替帰国の確認または
  • 永住権または長期滞在のためにアメリカに滞在するためのビザまたは許可を持っていることを示す文書

乗客がこの証拠を提示できない場合出発する最初の空港で搭乗が拒否される可能性があります。

 

役立つ情報

アメリカへの旅行に関する詳細については、以下のリンクが役に立つかもしれません。

あなたがビザ免除プログラムの市民である場合ここからオンラインでESTAを申請することができます。

あなたがビザ免除プログラムの国民ではない、またはあなたの訪問が基準を満たさない場合あなたはビザを申請する必要があります。詳細については 米国大使館 のウェブサイトをご確認ください。

 

 VWC  

ビザ免除プログラム参加国

アンドラ
ハンガリー
アイスランド
オーストリア
アイルランド
サンマリノ
ベルギー
ブルネイ
スロバキア
チリ
リトビア
スロベニア
チェコ共和国
リヒテンシュタイン
韓国
リトアニア
エストニア
ルクセンブルク
マルタ
モナコ
台湾
オランダ
イギリス
ギリシャ